ソーラー発電について
 ソーラー発電について、ご理解いただけるよう店長のコラムを掲載しております。「デメリット解決」
ソーラー発電等のグッズ取扱店 ネオエナジー
エコエネルギー通販ショップ
ネオエナジー



Google

ソーラー発電の大切さ 3/4話

▼ソーラー発電のデメリット解決
では、「ソーラー発電のデメリット」について私たちが出来る事を考えてみましょう。

「発電容量が少なく、太陽光の当たる広い面積が必要となる。」
 確かに、電力会社の発電所などで私たちが使用する全ての電力を発電する為には、広大な面積の土地が必要となるでしょう。
しかし、ソーラー発電の発電所はどこですか?
ソーラー発電は太陽の当たる場所があれば良いのですよね。
つまり、自宅が発電所となるのです。
例えば、「山田さん」のお宅であれば、「山田発電所」となる訳ですね。
こう考えると、楽しくなってきませんか。
実際、屋根の上にソーラー発電を備えた家庭では使用する電力の80%程度は自給できるそうです。(もちろん省エネに対する心がけ次第だと思いますが。)

つまり、発電容量が少なくても太陽光の当たる場所さえあれば発電できるので、我々の身近なところでも発電ができるのです。

「太陽光に依存するため、夜間などは発電できない。」
 残念ながら、電気というのは基本的には備蓄ができません。
ソーラー発電住宅と言えども、夜間の電力は電力会社から供給を得ているのです。
しかし、全く備蓄が出来ないわけではありません。
皆さんは、充電池というものをご存知でしょうか。
車のバッテリーなどがわかりやすい例ですよね。
最近では、デジタルカメラなどモバイル製品の電池にも充電池が採用されています。
大きな電力を確保する為には、大きな充電池が必要となりコストもかかる為、
電力の大きな製品を動かすためには不向きなのです。

しかし、我々の生活を考えた上で夜間に使用する電気はどのくらいでしょうか?
私たちが生活を送る上で、電気は大切であり電力会社からの供給も否めません。
自然環境を保護するという観点から考えると、少しでもクリーンなエネルギーを使いたいと思いませんか。
私たち自身の課題と言えるのではないでしょうか。


前へ:
ソーラー発電とは
TOP:
ソーラー発電の大切さ
次へ:
小さな一歩

パワーストーン 天然石ショップ お数珠堂
パワーストーン天然石ショップ お数珠堂 Yahoo店